高いマットレスと安いマットレス、
結局何が違うの?

「安いマットレスもたくさんあるなか、わざわざ高級なマットレスを買わなくてもよいのでは?」そう思う方もいらっしゃるでしょう。実際に高級なマットレスは何が違うのか?高級ベッド専門店の店長に、「柔らかすぎるマットレスの弊害」について聞いてみました。

目次

1:マットレスは大きく分けて2種類

2:こんなに違う!ポケットコイルと連結コイル。

1:マットレスは大きく分けて2種類

sale_icon01

マットレス選びが大切なのは分かったんですが、予算も限られていますし、いざ買うとなると、なかなか高級なマットレスを買う勇気が出ないんです。今は安いマットレスもたくさんあって高級なマットレスが随分お高く感じるのですが、値段によって本当にそんなに品質は変わるものなのでしょうか?

確かに、高いベッドと安いベッド、何がどう違うのか、なかなか分かりづらいですよね。見た目もそんなに変わらないですし。もしかしたら実際に試しに寝てみても、「えっ何が違うの!?」と思うこともあるかもしれません。ですから今回は高いベッドと安いベッドの違いについてお伝えします。

お願いします。

まず最初に、ベッドのマットレスにはどんな種類があるかご存知ですか?大きく分けると2つの種類があります。
独立型のポケットコイル
連結コイル
この2つです。

どう違うのでしょう?

「独立型のポケットコイル」は、その名の通り、1つ1つ独立したコイルが入っているので振動が伝わりにくい、という特徴があります。一方で「連結コイル」もその名の通り、コイルが縦横に連結しているので揺れが止まりにくい、という特徴があります。

「連結コイル」だと1回動くと揺れが長く続く、ということですね。

そうです。ということで、一般的には体圧分散性が良いということからポケットコイルのマットレスが圧倒的に人気です。では、本題の価格が高い安いという話に移りましょう。




2:こんなに違う!ポケットコイルと連結コイル。

sale_icon01

まずは一般的に人気がある「ポケットコイル」の話をしましょう。ポケットコイルは鋼線で編まれたスプリングで、できていますがコイルの質によって値段に幅が生まれます。例えば、細くてしなやかな鋼線で編まれたスプリングが使われているコイルですと、弾力性が生まれて体に対してマットレスが柔らかく、その分だけ寝心地も良くなります。

その分だけお値段も相応に高くなるということでしょうか。

そうですね。逆に太い鋼線で編まれたスプリングが使われているコイルは弾力性も少なくなり、硬いベッドになります。寝ている時に「ちょっと痛いな」と感じるかもしれませんが、その分だけ、お値段は安くなるわけです。

連結コイルはどうなんでしょう?

一方、「連結コイル」に関して言うと、こちらは揺れを防ぐために中に詰め物を入れられています。で、その詰め物によって値段に幅が生まれます。例えばウレタン一層とかであればだいたい¥29,800くらいの価格で販売されています。ウレタンを何層にもするとその分振動が伝わりにくくなりますので、お値段もそれに応じて高くなります。10万円とか15万円とかになってくるわけですね。

中身が全然違うんですね。

そうです。見た目には同じに見えても、中の構造には大きな違いがあることがお分かり頂けましたか?当然ですが価格が高ければ高いほど、寝心地は良くなります。少し寝るくらいなら大した差は生まれないかもしれませんが、20年も毎日寝るとなるとやっぱり将来的には、大きい差として身体に反応が出てくるはずです。ですから、予算が許すのであれば、可能な範囲で高い価格帯から、あなたの身体に合ったベッドを選ばれることをお勧めいたします。

高級ベッドの選び方