柔らかすぎるマットレスは体に悪影響の可能性あり

新しくマットレスを購入される際に、できるだけ柔らかいタイプを探される方もいらっしゃいます。ただ、柔らかすぎるベッドを選んでしまうと、ある弊害があなたの身体にもたらされる可能性があります。その弊害とは・・・今回も高級ベッド専門店の店長に、「柔らかすぎるマットレスの弊害」について聞いてみました。

目次

1:やわらかすぎるベッドの弊害

2:寝返りの重要な役割

3:やわらかいマットレスで血流が悪くなる可能性も

4:固すぎるマットレスの判断基準

5:寝返りが打ちやすい!おすすめマットレス

1:やわらかすぎるベッドの弊害

私、柔らかいマットレスが好きで。新しく買うマットレスも柔らかいタイプを選びたいなと思っているんですが、どうでしょう?

柔らかいマットレスは気持ち良いですよね。特に女性の場合、包み込まれる感覚が好きな方も多いようです。でも・・・柔らかすぎるベッドを選んでしまうと、ある弊害があなたの身体にもたらされてしまいます。

えっ、どんな弊害ですか?

今から説明しましょう。ただその前に、まずは寝返りの話から。

寝返りですか?

はい、人は一晩で平均30回〜40回の寝返りをうつと言われていますが、なぜ寝返りをするのかご存知ですか?

いや、あんまり考えたことないですね。



2:寝返りの重要な役割


寝返りは、血液の流れを良くするために行うものです。血液の流れを良くするために、あなたが寝ている間に脳は「寝返りをうちなさい」と命令しているのです。

そうなんですか。

例えば仰向けに寝ていれば、背中の毛細血管に圧がかかる状態になりますがそれを解消するのが寝返りです。

なるほど。寝返りって、想像以上に重要なんですね。

寝返りを打つことによってうつ伏せの状態になり、背中の毛細血管に対する圧が解消します。でも・・・しばらくしたら今度は腹部の毛細血管に圧がかかりっぱなしの状態になりますよね。そこでまた寝返りを打つ。あなたは寝ている間にゴロゴロ転がって、無意識にこの寝返りの動作を繰り返しているワケです。



3:やわらかいマットレスで血流が悪くなる可能性も

さて、寝返りがいかに重要かということをご理解いただけたと思いますが、マットレスが柔らかいと、恐ろしいことになります。

どんなことですか?

寝返りをうたなくなってしまうのです。脳が身体に『寝返りをうちなさい』と命令してもマットレスが柔らかくて寝返りがうちづらいと、身体は脳の命令を無視するようになるのです。

それ、相当まずいですね。

で、最終的には全く寝返りをうたなくなり、脳も命令を出すのをやめてしまいます。そして、最後には血液の流れが悪くなり、身体に悪影響を及ぼすようになるのです。ですから、気持ち良いからと言って、安易に柔らかいマットレスを選ぶことはお勧めしません。好みもあると思いますが、ぜひある程度の固さのマットレスを選ぶことをお勧めします。

マットレス選びも単純に好みで選んではいけないということですね。できるだけ固い方が良いということでしょうか?

ただ、固すぎるマットレスも良くありません。固すぎると体が反った状態になってしまうのです。極端に言うと、ブリッジしたような状態になります。

4:固すぎるマットレスの判断基準


sale_icon01

でも固すぎるかどうかってちょっと分かりにくいですよね?そんなあなたに、マットレスが固すぎるかどうかを判断する1つの基準をお伝えします。

ぜひ。

固すぎるマットレスに寝るとブリッジしたような状態になるとお伝えしましたが、肩が張っているような感覚が生まれます。つまり、あなたがマットレスに寝たときに肩が張っているような感覚があるとしたら、それは固すぎるマットレスだということです。できればそういうマットレスは選ばないことをお勧め致します。

なるほど。ただ、マットレスって本当に種類が色々あって実際に選ぶとき、面倒になりそうなんですが、寝返りが打ちやすいマットレスということでおすすめのメーカーや商品ってありますか?

分かりました。おすすめのマットレスを紹介させてもらいますね。フランスベッドと日本ベッドのマットレスです。

5:寝返りが打ちやすい!おすすめマットレス

まずは、フランスベッドの『高密度連続スプリング』です。
最大の特徴は、下のイラストのように「ソフト層」「支持層」「クッション層」の3層構造になっている点です。

sale_icon01

この構造って、他のメーカーとは違うんですか?

そうですね、この3層構造はフランスベッド独自のものです。
「高密度連続スプリング」は、それら3つの層が調和し、快適な寝心地を生み出してくれるとともに、自然な寝返りを導いてくれます。

その3層について、ぜひもう少し詳しく教えてください。

まず「ソフト層」は、その名前の通り、柔らかい肌触りと、ふんわりとした寝心地を実現します。 ただ、さっきもお伝えしたように柔らかいマットレスを使うと、身体の一部が落ち込んで寝返りを打たなくなってしまう可能性があります。 そこで「支持層」があるわけですが、この層が身体の部分的な落ち込みを防いでくれます。 そして「クッション層」は、揺れや振動を吸収します。

なるほど。柔らかい寝心地でありながら、身体の一部が落ち込んだりしないような構造になっているわけですね。

はい、その通りです。
では2つ目のマットレスを紹介いたしましょう。
2つ目は日本ベッドから。『シルキーポケット・ハード』です。
こちらのマットレスもぜひ実際に試していただきたいのですが、とろけるような寝心地を味わえますよ。

sale_icon01

それは、ぜひ試してみたいですね。

ぜひショールームなどでお試しください。
ちなみに、日本ベッドのマットレスには大きく分けて2つのシリーズがあります。「シルキー」と「ビーズ」の2つです。

それぞれどう違うんですか?

まず「ビーズ」の方は「シルキー」に比べて太めのコイルを使用しているので、身体をしっかり支えてくれますので、 体格の良い方に向いていますね。
一方、「シルキー」の方はポケットコイルが超高密度に敷き詰められていて、先ほどもお伝えしたように、とろけるような寝心地が味わえます。女性の方にはシルキーの方がおすすめです。

私はきっとシルキーの方が良いですね。

そうですね。女性の方にはシルキーの方がおすすめです。シルキーにも色々と種類がありますが、今回のテーマである、寝返りが打ちやすい、ということで言えば「シルキーポケット」の「ハード」が良いでしょう。 シルキーポケットの中でも「ハード」「レギュラー」「ソフト」から柔らかさが選べるので、後は実際にショールームなどで寝てみて、ご自身にあったものを選ばれるのが良いでしょう。

分かりました。とろけるような寝心地、体験してみたいです。

実際、病みつきになる方も多いので、ぜひお試しください。
ベッドを試す際は、ぜひショールームへ足を運ばれてみてください。
また、お買い得にベッドをご購入いただける特別なフェアが開催されていることもございます。ご購入をお考えの方でしたら、セール開催の期間を狙って足を運ばれるのがオススメです。
現在お申し込みいただけるフェアはこちらから↓




高級ベッドの選び方